パリ(ルテティア)_Via della Gatta
Home > 研究ノート > 地図で見る古代ローマ > パリ(ルテティア)

パリ(ルテティア)

    パリ(ルテティア)

Google Maps


大きな地図で見る

名前の由来

 現在フランスの首都であるパリは、起源が大変古く、紀元前4200年頃から人が住んでいた。紀元前250年頃から、パリシー族(Parisii)が住み始めた。彼らは、セーヌ川沿いのケルト人(Celtic Senones)の一派、すなわちガリア人(Galli)の一部族であった。パリという名称は、このパリシー族に由来する。


古代ローマの面影

 セーヌ川は、古代ではラテン語でセークアナ川(Sequana)と呼ばれていた。このセーヌ川の中州、シテ島に、上記のパリシー族はルテティア(Lutetia)という集落を作っていた(カエサル『ガリア戦記』第7巻57)。ただし、パリシー族の集落は、シテ島とは別の、今日では沈んでしまった島であるとする説もある。

 そのルテティアは紀元前52年にローマによって征服される。この戦闘と取り巻く状況については、カエサル『ガリア戦記』に詳しい。その後、ローマはシテ島とセークアナ川(セーヌ川)の左岸(南側)にルテティアを拡大し、ローマの都市を建設します。

 古代以来都市として機能してきたパリにおいては、古代ローマの遺跡群は現在の建物の下に静かに眠っています。建物が建ち、人々が暮らしているために、地下を掘り返してその遺跡を調査することは難しい状況です。しかし、現在のパリでも、古代ローマの面影を、いくつかの場所に見ることができます。以下では、その中のいくつかを、地図や写真を使って、紹介します。


パリ(ルテティア)の詳細

シテ島 ルテティアの都市構造: ルテティアの都市構造を地図で確認する

シテ島 シテ島とセーヌ川: パリの始まりの場所

フォルム フォルム(広場): 古代ローマ時代のパリの中心地

浴場 公共浴場: 都市に欠かすことができなかった浴場の跡

円形闘技場 円形闘技場: 市民を楽しませた闘技場の跡

採石場跡 採石場跡: 紀元後120-500年頃まで使われていた採石場の跡


HOME HOME     研究ノート 研究ノート     地図で見る古代ローマ 地図で見る古代ローマ
このホームページに記載された記事の無断転用を禁じます。各ページの著作権は河島思朗に帰属します。
Copyright©2007−. Shiro Kawashima. All Rights Reserved.